「おもちゃ病院にいがた」とは?


壊れて動かなくなったおもちゃの診察・修理をするボランティア団体です。

2008年6月に結成され、現在68名余の会員が「嬉」・「楽」・「広」をモットーととして、新潟市内を中心に県内各地で、おもちゃドクターとして活動を行っています。おもちゃ病院は市内各所での定期開院と、出張開院を行っています。詳しいスケジュールについては下記のリンクよりご確認ください。

 

2018年5月以降の開院の予定を追加しました。

 

  おもちゃの治療を通じて、物を大切にする 心を育みたいと考えています。

 

▶ 定期開院スケジュール

    

▶ 出張開院スケジュール

 

子供のおもちゃはもちろん、大人からの修理ご依頼も増えています。修理を必要とする物には、持ち主の「想い」が詰まっています。おもちゃに書いたラクガキ、傷、それらは持ち主の大切な思い出です。ただ綺麗にするだけではなく、そうした思い出も大切にしながら修理を行います。

 

 


連休の初日28日土曜日、東区のわいわいひろばで開催のおもちゃ病院 天気も良く連休も重なっているので、来客は少ないだろうと予想していましたが、大外れでした。

受付時間になったら、続々とお客様が来られ、受付待ち時間ができ程でした。

持ち込まれたおもちゃのやはり2割程度は、新しい電池に入れ替えると治ってしまうという症状でした。

是非 お持ち実の前に、使える電池かどうかチェックしてみてください。

簡単に使える電池チェッカー(使える電池かどうか確認する)は 100均でもそろっています。

電池を使用する ライトやリモコン等乾電池はいろいろ使われています。是非各家庭に1つは用意があると便利です。 4月28日


おもちゃドクター養成講座 入門編を開催します。

孫や子のおもちゃを治してあげたいと思っている方、おもちゃドクターがどんな道具を使い、どんな方法で修理しているのか興味がある方、おもちゃドクターといして活動してみたいと思っている方を対象に、ドクター養成講座を開催します。5月9日 エコープラザで開催です。詳しくは「ドクター養成」のページをご覧ください。


3月25日

アクアパークにいがたでの出張おもちゃ病院

素晴らしい会場をお借りして 開院しています。

外は寒くても中は常夏

 

持ち込まれるおもちゃをドクター6人が次々と

治療。

当日お帰りまでにみんなお渡しできました。

アクアパークにいがたでは、4月から6月まで継続して開院させていただきます。毎月、第四にい曜日午前10時から14時です。詳しはアクアパークにいがたのホームぺージをご覧ください。

 


1月20日 エコープラザでのおもちゃ病院

大勢のお客様からおいでいただきました、当日10名以上のドクターが対応しましたが、多くのおもちゃが入院しました。

写真は ミッキーの車 電池で動くおもちゃが多い中 板バネ動力

金属のギアを利用している年代物 貴重なおもちゃが持ち込まれました。

どんな修理をしているか 紹介します

板バネが経年劣化で切れている(写真中央)ため動かない症状でしたが、サイズが合う板バネの代替品が無いため、残っている強い部分を生かしてバネを再生、ギアがすり減って(最終段ギア)かみ合わせが悪くなっているためにギアの位置調整、ミッキーがスイングする機構の部品欠落のため部品製作 等で 直しました。 電池を利用しないで動くおもちゃは修理も楽しいです。

 

 

 


おもちゃ病院にいがた 結成から10周年を迎えました。それを記念して交流祝賀会を開催しました。

終止和やかな雰囲気、35名が参加してお祝い、これからも健康に注意しながら活動継続しようと誓い合いました。

会員の皆さんは、会員用のページから印刷用データをダウンロードできます。

 


10月9日 新潟県立自然科学博物館で「おもちゃドクターになろう」

子ども向けドクター養成講座の初級編を開催します。

 

定員は20名 参加費無料 事前に申し込みが必要です。

今回は、乾電池の正しい使い方やドライバー等の道具の使い方、壊れたおもちゃを分解して修理体験が内容です。

 

科学館申込先情報

http://www.sciencemuseum.jp/event/detail/152

 

 

お申込みありがとうございます。

すでに定員となっております。


7月11日  東区社会福祉協議会が主催した ドクター養成講座に8人が参加されました。

        受講生の中から 5人がドクターの仲間入り、一緒に活動していただくこととなりました。

 

 


7月に入りました。新聞折り込み広告見ていると「夏休みの自由研究・工作」等の製品が登場始めています。

人とかぶらない自由研究課題として、「おもちゃ」の研究はどうですか。

おもちゃドクターの活動を見学したり、ドクターのお手伝いしたり、修理を体験したりと、夏休みの課題のお手伝いもします。

ご相談はメールでお願いします。

 

「おもちゃを分解して仕組みを理解する」

なんでこんなにいっぱいギアがあるの??

分解して初めてわかる事沢山あります。

 


おもちゃ病院にいがたの総会は、5月10日開催されました。10周年を迎えるこの年も活動を開始しました。

5月5日 FM PORT 79.0 の番組 Begin the Be☆金 に生出演 おもちゃ病院の活動を紹介してきました。

        ラジコであればタイムフリーでまだ聞けます。5月5日 午後5時35分から5時58分の間です。

 


おもちゃドクターは人生経験豊富な方々がいます。作詞作曲されているドクターもいます。総会の場所で早速披露していただきました。

「人生夢さぐり」

流れる雲は ずきゆきて

行きかう人も とおりすぎ

はかない夢としりながら はかない夢としりながら

あー 人生は はかなくも 

あかるく いきゆく 夢さぐり

・・・・・

 

 

昨日いただいた譜面です。

 

 

 


多くのご要望いただいております白根地区で開院している「南病院」は、

毎月、第二日曜日午前10時から12時定期的に開院いたします。

6月からとなりますが、今後ともよろしくお願いします。


卒業 入学のシーズン  遊んで楽しんだおもちゃから卒業して心機一転の時期です。不要になったおもちゃ等ありましたらおもちゃ病院に寄付してください。点検修理して有効に活用いたします。


県内で活動するおもちゃ病院を紹介します。

 

糸魚川で活躍するおもちゃドクター渡辺さんからメールいただきました。

ご紹介いたします。

-----------------

糸魚川市(旧・青海町)には、40年以上前からの「おもちゃの病院」があります。
私は新たに、「おもちゃクリニック ゆりかご」という任意組織で活動しています。
活動の拠点は、能生児童館で新しいスタイルを目指しています。
既存の「糸魚川おもちゃの病院」とは、相互連携して活動したいと存じます。

という内容です。

 

是非 訪れてみてください。アドレスを紹介します。

ホームページhttp://blog.canpan.info/yurikago/
http://www.facebook.com/ClinicYURIKAGO

 

 

 


おもちゃ病院の見学大歓迎です


エコープラザでのおもちゃ病院を紹介します(2016年2月20日開院)

2月20日開院のエコープラザでのおもちゃ病院

 

大勢の親子連れでおいでいただきました。

 

ご自身で修理にチャレンジしてみましょうと声かけたところ、みなさんドクターと一緒になって、ここが原因だろう、どう直す・・・いろいろチャレンジしていただきました。

 

修理って楽しいね 家族そろって楽しんでいただきました。

 

このようにこの病院だけは、Lets Try 自分で修理にチャレンジする変わった病院です。(2016.2.20)

 


おもちゃドクター募集!


おもちゃ病院にいがたでは、ドクター会員を募集しています。現在、会員の大半はシニア世代の男性ですが、女性の会員も増えてきました。ドクター養成講座もあり、バックアップも万全です。是非、興味のある方は一度お問い合わせください。(お問合せ先:TEL025-378-1613/メール:eco@gf.mods.jp

 

●嬉しい

子供たちからの「ありがとう」の言葉や手紙は何よりも嬉しいやりがいです。

 

●楽しい

会員同士の親睦と交流を行っています。各会員が得意分野を持っており、修理の手順を見るだけでも知識は広まり、日々新しい発見があります。夜の懇親会も盛り上がります。

 

●広がれ

ドクターの養成講座を行っています。詳しくは、ドクター養成講座のスケジュールをご覧ください。

お知らせ


2017.6.30 7月分の定期開院スケジュールを更新しました。

 

2015.8.9    ホームページをリニューアル中です。

おもちゃ病院にいがた 他のページ